シャトーディケム(イケム)1996年とかイグレッグとか

Bordeaux
Sponsored Link

 

ワインエキスパートの方Alirineです( ^ ^ )/□

Sponsored Link

 

あのロバート・パーカー氏に

「シャトーオーブリオンへの愛情の深さだけは負けないもん!」笑。

 

【今回の内容】

 

  1. イントロ

 

  1. シャトーディケム(イケム)1996年

 

  1. 感想・まとめ

 

 

前回は、憧れの「特別第1級シャトー」

であるシャトーディケムとの出会い話をして、

歴史的にも重要とされる偉大な1990年の

テイスティングノートを紹介しました。

 

今回は、シャトーディケム(イケム)の三部作と言われる1990年よりも良い印象を持っている

1996年のテイスティングメモを公開したいと思います。

 

これが、私のディケム初体験でした!

 

 

 

  1. まずは、2014年当時の試飲会にて書いたテイスティングメモを公開しますね︎

 

「シャトーディケム(イケム)1996年

1996 Ch.d’Yquem

(2014.3試飲)

 

輝かしい淡黄金色で透明感がある。

中程度の粘性、液体に触れたグラス内面には、薄く薄くビニール膜を貼ったようなツヤを観測した。

香りは、甘く熟したアンズ、白桃、黄桃あたりの入ったフルーツカクテル、マンゴー、酸味控えめのパッションフルーツ、はちみつ(アカシアとか、あんまりクセが無くて良く見られるやつ) 、バニラ、樽・・・。甘くてジューシーだが、「ただ甘ったるい」では無くて、

酸味がそれを支え、

甘夏あたりを食べた時に感じたようなほろ苦さがほんの少し見え隠れした。

同じ96年のGuiraud ギローやSuduiraut スデュイローを比較的最近飲んだが、

これに比べると全くと言っていいほど熟成感は感じられなかった。

これらの果実味や芳香を持ち合わせたままで最高の熟成感を持ち合わせた状態になったら、

どんなに素晴らしいのだろうか!!」

 

私が2018年9月現在までに

経験したシャトーディケム(イケム)

→1985(ほとんど印象に残ってなく、メモも無い), 1990, 1995, 1996, 1998, 1999

 

1998年は、割とよく見かける気がします。

私は、この数年間で何度かいただきましたね。

 

 

今、落ち着いて振り返ってみて、

どのヴィンテージに対しても共通して

持っている印象をまとめてみました。

 

 

・極甘口であるが酸がしっかりしている

・フィニッシュが長く続く

・高い粘性

・滑らかで密度の高い液体

・熟したトロピカルフルーツ系の果実味

・非常に熟成が遅い

 

いつ飲んでも美味しいワインと思いますが、

1998年のような、

まあまあ良いヴィンテージならば、

10年〜20年以内に飲んでも

十分にいいでしょう。

1990年のような歴史的にも

偉大なヴィンテージならば、

50年以上は熟成させないと真価が発揮されないようです。

 

 

また、

シャトーディケムは、

良いヴィンテージにしか作られ無いため、

作柄が悪くシャトーディケム

が作られてない年は、

セカンドの辛口白ワイン「イグレッグ」(Y)

が作られます。

 

ノン・リリース・ヴィンテージ(極めて作柄が悪く、シャトーディケムが作られてない年は、

1910年、1915年、1930年、1951年、 1952年、1964年、

、1972年、1974年 、1992年

 

1972年、1992年のボルドーが酷かったのは、有名ですね!

 

イグレッグは、

セカンドとはいえ評価の高く高級な白ワインです。

シャトーディケムよりも珍しく、

私は、まだ一度も経験が無いです(泣)。

 

同じヴィンテージで

シャトーディケムとイグレッグの比較水平試飲をして見たい!

 

 

「ワインのヴィンテージや熟成のピークのタイミングなんか全然分からない!」

という方でも、

シャトーディケムならば、

いつ飲んでも美味しいはずです。

偉大なヴィンテージのワインが

熟成のピークを迎えた時に最高のタイミングで飲む経験は代え難い感動ですが……

若いもののキラキラ生き生きした酸・フレッシュな果実味も、

それはそれで良いものです☆

 

今回はこれで終わり。

 

JSAソムリエ/ワインエキスパート試験の二次テイスティングまで1カ月切りましたね。

次は、この時期に私が自宅で何を試験対策としてやっていたのかを紹介しますね。

 

 

ツイッター

Alirine89hb@WINE

Alirine89HautBrion🍷(@alirine89hb)さんはTwitterを利用しています

 

いつか、

こうして出会えたあなたと一緒に

偉大なCh. Haut Brion 1989で

乾杯しましょう♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ワインエキスパート Alirine

 

 

Sponsored Link

コメント